東芝が量子コンピューターを使って高速取引を繰り返すヘッジファンドの登録検討!!

 

とうとうトレードに量子コンピューターが入ってくる!?

東芝高速トレード

 

2019年11月26日の日経新聞朝刊に東芝が超高速で売買を繰り返すアルゴリズムを使って、為替の取引を開発したとのニュースがありました。

当社は、大規模で複雑な組合せ最適化問題の高精度な近似解(良解)を短時間で得る当社独自の「シミュレーテッド分岐アルゴリズム(Simulated Bifurcation アルゴリズム。以下、SBアルゴリズム)」を搭載した超高速な金融取引マシンのコンセプト実証機(Proof-of-Concept。以下PoC機)を開発しました東芝・研究開発センター

最近の東芝さんは、非常に頑張っていますね。しかも、今度は金融に乗り出すとのこと。量子コンピューターで市場に乗り込んでこられては個人投資家はたまりませんね。しかも、このシステムを他の機関投資家に販売するとか。。。ますますプログラムトレードが中心の相場になっていきます。個人でも今は、トレステを使って参加できることがせめてもの救いですね。手作業ではなく、プログラムで勝負する。そして、そのプログラムという観点でも、参加する時のコツがあります。大手と同じ手法が使えるわけではない個人投資家が、どうやったらプログラムという分野で大手と張り合いながらトレードできるのか

保持中銘柄成績表

 

エントリーライン講座