信用取引

【信用取引とは】

信用取引とは、投資家が委託保証金(現金や株式)を担保として証券会社に預け、証券会社からお金を借りて株式を買う、または株式を借りて売る取引のことです。また、信用取引は預けた資金(株式は評価額)の約3.3倍までの取引が可能で、少ない元手で大きな取引(レバレッジ効果)が可能という魅力があります。

また、塩漬け株の有効活用、1日に何度も可能な回転売買、「売り」から取引が可能、つなぎ売りの活用 なども信用取引の魅力です。

塩漬け株の有効活用とは、安値で低迷している保有の株式を信用取引の担保として有効利用することで、それを元手に大きな取引ができます。1日に何度も可能な回転売買とは、同じ銘柄や他の銘柄でも同じ保証金を元手に1日に何回もの取引ができることをさします。

「売り」から取引が可能とは、現物株式を実際に保有していなくても「売り」の取引ができるということです。現物取引では株式を買ってから売り取引ができますが、信用取引では証券会社から株式を借りるため売り取引から始められます。

「つなぎ売り」とは、現物買いと信用売りを合わせて行う取引のことです。現物株の株価の下落のリスクを信用売りでカバーする方法で、現物株の株主優待狙いなどに利用されています。

 

エントリーライン・ショートストラテジー講座

 

しかし、信用取引にはデメリットもあります。信用取引はレバレッジ効果がある分、損失が出るとそのダメージはより大きくなるのが特徴です。また、信用取引には、取引手数料のほか、金利、貸株料(信用売りで発生する貸株に対する費用)、品貸料(貸株の調達費用)、その他口座管理料などの費用がかかります。ほかにも信用取引では配当金そのものの取得ができない点も現物取引と大きく異なる点です。

「信用取引」について、さらに詳しく知りたい方はこちらクリック

 

 

トレステプログラムトレード体験講座