低位株

低位株とは?

低位株とは、一般的に株式市場全般の株価水準と比較して1株当たりの株価が低い銘柄のことです。どの程度の価格水準であるかという制度的な定義はなく各証券会社や投資ファンドなどが独自に定義しています。そのためその時々の株式市場の相場状況により低位株の定義も変わる可能性があります。

低位株の水準の例としては、1単元が100株単位、1,000株単位の銘柄の場合、株価が300円や500円以下のケースが多いです。そのため低位株は1単元で30万円から50万円以下の株式が購入できるので、比較的投資しやすい対象といえるでしょう。

低位株にみられる特徴は、

・発行済株式の数が多い
・値動きが大きい
・鉄鋼や化学など重厚長大産業に少なくない
・業績不振などで株価が悪化している
・流動性が悪いケースも少なくない

などです。ただし、これらの特徴がすべての低位株に共通するわけではありません。

低位株への投資のメリットは、少ない資金で投資ができる、株価の上昇率が高いケースが少なくない、などが挙げられます。逆にデメリットは、株価の下落率も高く投資リスクが低くない、信用リスクの高いケースもある、流動性が低い場合売買しにくい、などです。

なお、低位株でも株価が100円未満になると「超低位株」や「ボロ株」と呼ばれることもあります。また、株価水準が中程度の銘柄は「中位株」、株価水準が最も高い銘柄は「値がさ株」と一般的に分類されています。

エントリーライン講座

低位株に対する投資方法、考え方、選び方

低位株への投資の仕方はさまざまですが、投資初心者の方などには投資ファンドの考え方が参考になるでしょう。投資ファンドでは次のような投資戦略が取られています。

1) 東京証券取引所第1部の上場銘柄を対象として、株価水準で低位株を分類し抽出する。
2) 倒産リスクの高い銘柄を1)から除外する。
3) 企業業績や成長性などを考慮して投資対象を選定する
4) 上記3)で選定した銘柄を1つに絞らず分散投資する。

個人投資家が低位株の銘柄を選定する場合でも、まず対象市場や銘柄の特徴を決めたほうがよいでしょう。例えば、東証1部と新興市場の銘柄では、値動きでの違いが小さくありません。新興市場の銘柄のほうが値動きは大きく、ハイリスク・ハイリターンになる可能性があります。どの程度のリターンが欲しいのか、リスクはどの程度まで許容できるかなどを踏まえ対象の範囲を検討するべきです。

対象市場が決まったら低位株に該当する銘柄の選定ですが、投資家が自分なりに株価水準を決める必要があります。そして、次はその対象範囲からの低位株の抽出です。自分でスクリーニングする作業が必要ですが、それが困難な場合は投資ファンドの低位株銘柄を対象として選定するという方法もあります。

投資ファンドの低位株銘柄を利用すると、信用リスクの評価をする手間も大幅に減少されるでしょう。自分で信用リスクを評価する場合は、赤字が連続している、赤字幅が拡大している、などの銘柄は除外したほうが賢明かもしれません。ただし、一時的な赤字や赤字幅の大幅な改善がみられるケースでは株価が大きく上昇することもあるので、狙い目となり得ます。

次は信用リスクの点で除外した銘柄からリターンの期待値や下落リスクなどを考慮して最適な銘柄を選定します。対象銘柄が上昇・下落した場合の大きさや確率、銘柄の業績や成長性などを考慮した選定が望ましいでしょう。自分で絞りにくければ、投資ファンドの銘柄が参考になります。なお、投資資金に余裕があれば分散投資するのがベストです。低位株同士での分散だけでなく、値動きが比較的安定している下落リスクの低い銘柄などを分散相手とするとよいかもしれません。

ATRシステム講座

低位株への投資に関する注意点

低位株には株価が低いという何らかの理由があるので、その点を考慮した投資が重要です。特に業績が悪化したり、大きな問題を起こしたりして倒産の危機にあるという理由なら、その銘柄は投資の対象になり得ません。

また、成熟産業などで業績を改善する活動や改革行為がみられない銘柄では安値の長期化が予想され、この銘柄も投資対象から除外するべきでしょう。

低位株への投資であっても今後の株価の上昇が期待されるので、低位株となった理由の確認・評価が重要になります。

また、低位株が上昇し始めてから買う場合、どのタイミングで買うかがポイントとなります。低位株はわずかな好材料で株価が短期間で大きく上昇するので、早めに買いを入れないと上昇の波に乗れないでしょう。しかし、乗り遅れた場合でも大幅上昇後には一時的でも下落しやすいので、そのタイミングで買いを入れるのがチャンスです。ただし、下落の落ち着きを見ないで慌てて買うと一方的な下落に巻き込まれる恐れもあるので注意しましょう。

SBIがおすすめな7つの理由