ネット証券No1のSBI証券の口座開設方法

株投資をするならSBI証券がおすすめである7つの理由

株投資を始めるなら、証券会社を乗り換えるなら、SBI証券をおすすめする理由をピックアップしてみました。

理由1 口座開設数と預り資産残高、営業利益がダントツのNo1!!

【2020年3月期 第1四半期の実績】

社名 口座数(千口座) 預り資産残高(兆円) 営業利益(百万円)
SBI(連結) 4,718 12.9 9,266
楽天(連結) 3,205 5.8 2,261
松井 1,196 2.3 1,915
カブドットコム 1,124 2.2 813
マネックス(連結) 1,825 4.0 1,215

※1 楽天証券は、2018年度より12月決算に変更しているため、営業利益は2019年4月~6月での数字を記載。また、口座数は2019年3月末現在の数値を記載。 ※2 マネックスグループの営業利益は同社開示の「営業利益相当額」を使用

一つひとつの指標を見てみますと、口座数、預り資産残高がもっとも多いということは、顧客からもっとも多くの信頼を獲得しているという証しです。2位の楽天の口座数と預り資産残高の数字を比べてみますと、口座数は数字的には、近いところがありますが、預り資産残高では実に倍以上の開きがあります。これは、より大きな資産をSBI証券に預けているということになり、大口の投資家の方もSBIで運用している方が多いということが考えられますね。 営業利益に関しても、2位の楽天証券の実に8倍以上の差をつけているところにも注目したいです。営業利益は、企業の本業の儲けを計る指標です。この営業利益が大きいということは、経営が安定していることを意味し、信頼に値する企業であるということを証明しています。

Tradegate×SBI証券で手数料5000円キャッシュバックキャンペーン中!!

Tradegate×SBI証券キャッシュバック

理由2 ホームページの見やすさが最強!!

SBIホームページ

金融業界では、SBI証券のホームページはまさにモンスター級のページビューを誇っています。その数は、1日140万ページビュー!!単純に1日に140万回開かれると考えていただくと驚きです。月間では、なんと13億ページビューとのこと。数字が大きすぎて想像を超えているのですが、とにかくよく見られているということです。なぜ、そんなに訪問者が多いのかといえば、やはり「ページの見やすさ」に尽きると思います。今日の市場の動向、上昇率ランキングや主要なニュース、決算発表など株を売買する場合はいろいろなニュースが気になるのですが、どこに何があるのか、わかりやすく、そして、見やすい色で表示されていないと本当にわからないんです。それが、SBI証券のホームーページは見事に表現されています。見やすさ、使いやすさに特化しているから、これだけ多くの方が毎日訪問するのでしょう。

Tradegate×SBI証券で手数料5000円キャッシュバックキャンペーン中!!

Tradegate×SBI証券キャッシュバック

理由3 ネット証券でIPO(新規上場)の引受実績が8年連続でNo1!!

IPOSBIは引き受け数No1

lineや携帯のソフトバンクなど新規上場する株を買いたいという方は多くいらっしゃいます。新規上場のことをIPO(イニシャル・パブリック・オファリングの略)といいますが、IPOをする企業の株を買おうと思うとその時には、まだすぐに購入できないんです。通常、新規上場の株は人気があり、購入申し込みをして抽選で当たれば買えるという手順になります。引受数が多いというのは、この新規上場の株を扱って、申し込みを受け付けることができる数が最も多い!ということになります。IPO株を狙うなら、SBI証券は外せない選択になりますね。

Tradegate×SBI証券で手数料5000円キャッシュバックキャンペーン中!!

Tradegate×SBI証券キャッシュバック

理由4 取引ツール、アプリの使い勝手が圧倒的に良い

SBIアプリ使いやすい

株投資をするときは、①ホームページにログインして、そのまま注文、②パソコンで取引ツールを利用して注文、③スマートフォンのアプリを利用して注文の3パターンになります。ホームページにログインして注文する方法もホームページがわかりやすいので、おすすめなのですが、やはり、パソコンで注文するのであれば、取引ツールを使いたいです。そこで、SBI証券で条件を満たせば無料で使えるツールを紹介します。

■HyperSBI(ハイバーエスビーアイ)

ハイパーSBIパソコン

画面の見やすさ、注文の入れ方や変更の使い勝手は、他社のツールと比べても圧倒的に使いやすさがあります。また、注文が約定した時の音もワクワクするような音を使ってトレードを楽しく演出してくれます。

■SBI証券 株 (スマートフォンアプリ)

SBIスマホアプリ

こちらは、スマホのアプリです。iphone、アンドロイドどちらにも対応しています。アプリの使い勝手は、見やすさ、指標や銘柄の切り替え、チャート表示の見やすさなど、初心者の方にも配慮されたアプリとなっています。 株をやり始めると株価が気になるところです。自分の保有銘柄の現在の株価をみるのもスマホが中心となってきます。だからこそ、アプリの画面もシンプルでかっこよく、使いやすいものを使いたいですね。

Tradegate×SBI証券で手数料5000円キャッシュバックキャンペーン中!!

Tradegate×SBI証券キャッシュバック

理由5 iDeCo(イデコ)の新規顧客の獲得数がNo1

イデコSBIでやろうかな

老後2000万円問題がニュースになってから、老後の資金や年金に関心を寄せる方が多くなりました。また、政府も年金を個人で作っていくことを推奨し、税金面でも優遇をしているのがこのiDeCo(イデコ)になります。イデコは、個人型確定拠出年金のことで、個人で資金を運用していくスタイルの年金の積み立て制度のことです。この資金を運用する方法は、口座開設をした証券会社などで用意されている投資信託やファンドなどを自分で選んでその商品に毎月お金を充てて(拠出といいます)行きます。自分で選ぶ必要がありますので、投資先として選べる商品がより多くあった方が、個人としては、選択の自由が広がり、運用しやすくなるといえます。その商品、つまり、選べる投資信託やファンドの数がSBI証券は非常に多いことが特徴です。はやり、自分の老後の大切なお金ですから、選択できずに、これしかない!という状況よりも、社会情勢に応じて、いろいろな商品に割合変更やスイッチングできた方がより有利といえますね。そんな、SBI証券は、iDeCoの新規顧客の獲得数が、2018年10月で業界トップになりました。つまり、老後の資金を安心して運用でき、選んでいる方がもっとも多いのがSBI証券ということになります。iDeCoはよくわからないし、まだ、考えていないという方も、まずはSBI証券のiDeCoの口座を開設してみるのもいいですね。ちなみに、株の売買をするための証券口座とiDeCoを運用するための口座は、別口座となりますので、それぞれ手続きが必要です。

Tradegate×SBI証券で手数料5000円キャッシュバックキャンペーン中!!

Tradegate×SBI証券キャッシュバック

理由6 これだけ使い勝手が良くて、手数料が最安値水準!!

SBI手数料

手数料は、業界でも最安値水準となります。しかし!正直もっと安い証券会社があることも事実です。手数料の安さだけを追及するのであれば、他社も検討すべきでしょう。お伝えしたいのは、ここまで見ていただいたように、SBI証券の安定性と選ばれている実績、使い勝手など、徹底的に顧客目線で構成されたサービスに注目すべきだと思います。SBI証券を使っている方はよく言います「ちょっと手数料は高いけど、使いやすいんだよね」と。高いといってももちろん、他社よりも安いんですよ。それよりも安い証券会社があるだけで。でも、一度使ったら、この使いやすい証券会社はやめられないでしょう。顧客に優しく、ワクワクしてくれる配色で、株投資をすることができるのはSBI証券が本当におすすめですね。

Tradegate×SBI証券で手数料5000円キャッシュバックキャンペーン中!!

Tradegate×SBI証券キャッシュバック

理由7 将来を見据えた銀行との連携業務!!

SBIの将来性

2019年11月に福島銀行、島根銀行がSBI証券との業務提携を発表し、この時、株価がストップ高となりました。地方銀行が収益に苦しむ中、金融でのネット戦略に圧倒的に強いSBI証券との業務提携を進めています。銀行が証券会社と手を組み新しい形のサービスを提供しようとしています。SBI証券は、まさに業界再編の動きの中心にいるといっても過言ではありません。そんなネット金融に目を付けている地方の銀行や信用金庫とのサービス提供は2019年11月現在、34以上の金融機関と連携をしています。まさに、将来の日本の金融業界を拡大させる台風の目となっているといえるでしょう。そんな証券会社だからこそ、SBIで株投資をする意味があるといえますね。

Tradegate×SBI証券で手数料5000円キャッシュバックキャンペーン中!!

Tradegate×SBI証券キャッシュバック