デイトレの寄付き戦略_特別売り気配を見てみる

デイトレの寄付き戦略_特別売り気配を見てみる

こんにちは、Max酒井です。デイトレードをやろうと思ったときに検索してみると「寄付き30分が勝負だ!」といわれることがよくあります。寄付きというのは株式相場が始まる9:00~9:30くらいの相場の動きです。この時間は、実際に株価がよく動きます。今日は、寄付きからのデイトレの戦略をみてみたいと思います。

1、その日のニュースをチェック

デイトレでおいしいのは、ニュースによって大きくブレるところをとりに行くことです。これが寄付きから30分で勝負がきまるというところです。では、今回は、2016年3月24日に出た三菱商事の連続赤字のニュースから、寄付きからの動きとデイトレの戦略をみていきたいと思います。まずは、ニュースをチェックします。



この日の日経新聞第一面に「三菱商事が初の連続赤字」という見出しがあり、内容は1000億円の赤字になる見通しというニュースが出ています。このように大きく目立つ記事は、株価に影響を与えることが多いです。
デイトレで使えるニュースの見方は

  • 目立つ記事(日経新聞の第1面、見出しが大きな記事など)
  • 話題のキーワードに関する記事(AI(人工知能)フィンテック、ドローンなど)
  • 特に悪いニュース(業績の下方修正、不正会計など)
  • よいニュース(業績の大幅上方修正など)

です。こういうニュースは、今日の寄付きの株価に大きな影響を与えることが多いですので、そういうニュースを中心に見ておくといいでしょう。


2、デイトレの戦略を立てる

さて、ニュースをチェックした後は、その銘柄を監視していきます。寄り付く前(9:00前)から見ておくといいでしょう。
この日の三菱商事は、悪いニュースの影響で安く寄り付きそうです。昨日の終値よりも大きく下がって始まることを「ギャップダウン」で始まるといいます。

9:00になりました。ほかの銘柄は、値段がついているのに三菱商事だけは、値段がありません。これはなぜでしょうか?左の板の画像を見てもらうとわかると思いますが、板の中に「特」の文字が出ています。

板の見方についてはコチラ

この文字がでている状態のことを「特別売り気配」といいます。トレーダーはこの状態のことを「売り特」(うりとく)といいます。

【通常時の板】


通常の板は、このように値段が入っています。売り特のときとの違いがわかりますね。

なぜこのような状態となるかというと、売りが殺到しているために、売り注文と買い注文のバランスが取れていない状態のときにこうなります。
板を見ていただくと、売りの数と買いの数が全然違うのが見て取れます。この売りと買いのバランスが一致したときに、寄付きます。ですので、始まりは9:00から少し過ぎたところで始まることが多いです。こういう時の戦略をまとめます。

【デイトレの戦略】

1、悪いニュースのチェック

2、ギャップダウンして、安く始まるところを確認

3、株価が行き過ぎたところを「買い」で入る
この戦略を見て、驚かれる方もいるかもしれませんが、悪いニュースがでているものを「買い」で入ることになります。これは株の行き過ぎてしまうところをとりに行く戦略です。普通は、悪いニュース=下がるというイメージですが、デイトレの場合、これを買いで入ることで利益を上げられることが多いです。もちろん、なんでもかんでも、買いで入るわけではありません。しっかりとチャートを見ながら判断してください。

寄付き直後を動画で解説をしています

今日の寄付きの三菱商事は、大きく下げて始まりました。

【寄付き直後の三菱商事の5分足】

ここからが勝負です。

動画を見てもらってもわかる通り、寄付き直後からは下げていきました。ここで焦ってはいけません。もし買っていたらロスカットをしても、もう一度、買いを検討するところです。そして、その後の動きを見てみましょう。
【9:40の三菱商事の5分足】

どうでしょうか?初めは下がっていったものの、途中で切り返して上昇していています。この上昇の前に、買いのタイミングがあります。テクニカルチャートでは、そういう反転ポイントを狙っていきます。

日足で見ると”陽線”になってきているのがわかります

この時の状態を動画で解説をしています

【9:30ごろの動き動画解説】

【9:40ごろの動き動画解説】


3、利益確定のタイミング

さあ、利益が出てきました!次に考えるのは「利益確定のタイミング」です。今回の場合は、下記で利益確定としています。

なぜ、ここで利益確定したかは、判断に迷うところですが、一つ、覚えておいていただきたいのが、寄付き直後の動きを限定してとっているということです。ニュースによって、株価が大きく動いたあと、もとに戻ろうとする動きを狙っている戦略です。つまり、短期勝負をはじめから狙っているわけですので、見ていて、ある程度、利益がのって、下げるような動きと察知したときは、確定してしまっても大丈夫です。今回は、この陰線を見て、下げるという判断をして利確としました。デイトレの利益確定の判断は、数パターンありますので、やりながら覚えていくといいでしょう。
動いているチャートを見ながら利益確定の判断をしているのでこちらの動画をご覧ください。

【利益確定のタイミングの動画解説】


4、利益確定後の考え方

よくやるのは、利益確定後に手仕舞いした銘柄を何度も見てしまうということです。(確定後の動きって気になりますよね(笑)
でも、デイトレにおいては、それはしないほうがいいです。気にはなりますが。もちろん、その後再度エントリーポイントを探している場合は、別です。その時は、積極的に見ていきましょう。

このように、確定後はどちらに動いていくかわかりません

利益確定したポイントが一番いいところだったのか、それとも、もっともっていたほうが良かったのかは、後でないとわからないことです。結果的に良かったという場合もあります。今回の場合の、三菱商事のその後の動きを見てみましょう。

ご覧のとおり、利益確定したポイントがだいたい良かったところだということが言えます。もう一度いいますが、これはあくまで後からわかることです。デイトレーダーは、終わったあとのことを、あーだこーだと分析しません。感覚的には、「あーそういう相場だったのね」という感じで眺めています。やっていることは、すでに違う銘柄を狙っていたり仕掛けていたりしますので、終わったことがよかったかどうかの検討はあまりしませんし、しても意味がないと思っています


5、まとめ

今回、たまたま、朝株の動画をとろうとしたときが、ちょっと遅くなってしまって、動画を撮りながら、相場が始まってしまったので、結果としては、とても面白い動画が取れたのではないかと思っています。いかがでしたでしょうか。
デイトレのポイントは、戦略(ルール)とルール通りの行動です。利益をたくさん採ろうとしてはいけません。なぜかというと、たくさん採ろうとすると戦略が崩れたり、大きな失敗につながることが多いからです。スイングトレードでもデイトレードでも、同じです。しっかりと戦略を練る(これは勉強すればだれでもできます)には、まずは、トレードをしっかりと勉強しておくことが大切です。デイトレをやりたい方のために今回の記事がお役に立てると嬉しいです。頑張りましょう!!

無料講座で株投資の理論を聞いてみる

Max酒井コンサルタント Tradegateでは、長年トレードをしてきたMax酒井が講師となり、あなたのために最適なトレード法を伝授していきます。どのように株投資を始めたらいいのか?どのように自分は運用をして行ったらいいのかを、無料の体験講座で是非、直接ご質問ください。

【利益のカラクリ体験講座】[table id=18 /]

会場詳細&お申込みはこちら~やり方で困った時の解決法↓

東京日程 名古屋日程 大阪日程

⇒DVD無料プレゼント、参加費:無料です。

開催箇所

株講座開催場所