『今さら聞けない株式用語辞典』~ファンダメンタルズ分析とは?~

こんにちは!Max酒井です。今回は、ファンダメンタルズ分析とは?です。

ファンダメンタルズ分析ってなに?

株を買おうと思う時に、何でもいいから買おうって方は、まずいませんね。株を買ったら上がるかどうか?それを考えて、上がると思うから買うということになりますね。じゃあ、これから上がる株をどうやって見つけるという時に、銘柄を見て、この銘柄が上がっていくかどうかを調べる動きをするのが通常です。そして、それを調べることを分析といいますね。銘柄分析では、主に2つの手法に分かれていて、一つは、「ファンダメンタル図分析」もう一つは、「テクニカル分析」というものです。株を勉強し始めると初めに本などで出てくる言葉ですね。そして、今回のテーマである「ファンダメンタルズ分析」とは何ぞやということになります。簡単にいうと、その企業の業績ややっている事業の将来性、財務的な数値(売上の上昇率や借入金の割合など)また、どれだけ効率よく利益を上げているのか?配当金はどれくらい払っているのか?他の企業の平均よりも多く払っているのか?などなど、様々な角度からその銘柄を分析してみましょう。というやり方のことです。たくさんやりますよね~、私が今書いているだけでも、たくさんあるな~って感じます。これを毎日そして、銘柄毎にできますかね~><

どんな指標があるの?

代表的なものはPER、PBRと言われるものです。簡単に解説をします。 PERとは? 日本語で、株価収益率といい、その銘柄の割安度合を見ていくものです。株を買うなら割高のものを買いたくありませんよね。できるだけ、割安だというものを買いたい。そう考えますよね。その時にこれを使ったりします。計算式は、 PER=時価総額÷純利益です。 ここで時価総額について⇒時価総額というのは、株価×発行済みの株式数です。株式数は、そうそう変わりませんので、この時価総額が変動するのは、株価の方の要因ということになります。そして、株価がどんどん上がっている状態だとこの時価総額がどんどん上がっていくということになります。そして、右側の純利益ですが、利益をたくさん出しているとPERの数値は、さほど大きくなりませんね。つまり、時価総額が上がっている=株価が上がっているのと利益が上がっているのが、比例しているために、数値が低くなるんです。でも利益が急に爆発的に出るというのはなかなか考えずらいですので、これがさほど変化していないということになると、時価総額だけが上がった状態となり、PERは、数値として大きくなります。つまり、PERの数値が大きいということは、利益の割りに、株価が上がってしまっていて、株としては、割高になっている。と判断できるというわけです。もちろん、これだけで、割高だから買わない方がいいということではありません。一つの指標として、見ているということになります。また、このPERは、単に数字たけの大きい小さいということではなくて、たとえば、業種などで平均PERが発表されていて、その平均に対して、この銘柄は割高水準なのか、割高水準なのか、を判断したりします。なぜかというと、業種によって、利益の出せる幅は、それぞれ違うからです。製造業はいきなり利益を大きく上げるのは、ちょっと難しいかもしれません。でもIT企業やゲーム関連企業などは、ゲームのヒットなどにより短期で大きな利益を上げることがあります。つまり、業界によって、利益の出し方は、それぞれなので、比べるときは、その銘柄が属している業種との平均で見ないと比べられないということになります。 PBRとは? 日本語で、株価純資産倍率と言います。計算式は、以下になります。 PBR=株価÷1株当たりの株主資本 ⇒1株当たりの株主資本は、株主資本÷発行済み株式数です。 と説明してもわかりにくいですよね。見方を知ったほうが理解が早いと思います。これを計算すると1に近くなるんです。そう、PER=1で、今の株価が標準ですってわけです。1を超えてくるとだんだん割高、1を割っていると割安水準ということになります。これは、よくPBRのことが語られるときに、解散価値ということを言われます。つまり、1の時に今、解散したらトントンとうようなイメージです。1より小さいとき、つまり例えば、PER=0.8とかの場合は、解散価値はもっと大きい(つまり金を持っている)のに、株価は安く見られていて、安い水準にあって、会社を売った時におつりがくる。というようなイメージです。つまり、よくいう言い方としては、安く放置されてしまっている。ということになります。解散してもおつりがくるわけですから。ということは、1以下の銘柄を探せばいいのか?ということになりますが、通常株は、買われていることあ多く、1.8倍とか、2.5倍とか、そういう数値がついているのが普通です。ですので、1を割っている方が少ないということになります。では、1を割っている銘柄があったらお宝か?というと、確かに、この指標からすれば、そういうことが言えますが、要は、株が買われていないということなので、それには、問題があるかもしれません。ですので、一概にこの数値だけで判断はできないということになります。これも目安で、とりあえず、ほしい銘柄が1を割っていれば、おお、割安じゃん!?ということだけは、わかるよという感じで脛。

どうやって考えたらいいの?

結論からいうと、個人投資家でファンダメンタルズ分析は、無理だと私は思います。上記2つの指標のことだけでも、考え方がいろいろありますよね。つまり、判断には、明確な要素がないんです。指標はこれだけではありません、前述したように業績の伸びや将来性、政策などの動きなど、考えることは様々です。そして、最終的には、これが上がっていくだろうと思って買ったとしても、株は、買われなければ上がらないので、自分が分析したものがすぎに買われていくかどうかはわからないんです。上がり始めたのが5年後では、気が遠くなる話です。個人投資家としては、早く株は上がってほしいわけですので、それを考えるとニュースのよく上がっているものに飛びついたりしてしまいがちです。そうなると分析もなにもあったものではなくて、ただ、目の前を追ってしまうことになります。また、個人投資家の得られる情報というのは、限られています。自分が精いっぱい分析しても、実は、目の前にある情報は、ほんの一部なのです。それだけ、不利ということになります。そして、常々個人への情報は、遅いということがあります。分析する項目もたくさんありますので、一つの銘柄でそんなに時間を使って調べることはおそらく、できないでしょう。分析している間に上がっていってしまいます。ということで、個人投資家は、ファンダメンタルズ分析に向いていないということが言えます。

解説動画